福岡県福岡市放課後デイサービス| 運動療育センターすきっぷ

福岡市にある運動療育センターすきっぷは運動と学習による子供の自立を支援します!

トップ

HOME ≫

放課後等デイサービス
運動療育センターすきっぷ

平成30年4月に香椎浜教室がオープンします

すきっぷはどんな施設

子ども
発達障がい児童のための運動と学習に特化した自立支援施設です。

お住まいの市町村で受給者症を収得した小学生~高校生を対象とした福岡県指定の放課後等デイサービスの施設になります。
運動と学習を通して、お子様の心と身体の成長を促すお手伝いをさせていただきます。

このようなお子様が通われる場所です

  • 放課後一人の時間を持て余している
  • コミュニケーションが苦手
  • からだを動かす機会がない
  • 運動が苦手
  • 力の加減ができない
  • 自分が嫌い(自己肯定感が低い)
  • 集団活動が苦手
  • 字がうまくかけない
  • 漢字が覚えられない
  • 表が読めない
  • 列に並ぶのが苦手
  • 長時間座っていられない
  • 自分に自信がない

すきっぷの特長

運動や学習を中心に自立支援をする放課後等デイサービス

運動学習を中心に行います

カラダを動かして、ココロを整えます
 運動により前頭前野が効果的に刺激されることで、感情のコントロールが行いやすくなり、ワーキングメモリーが伸びる効果があると言われています

運動
コーディネーション運動(協調運動)を中心に行い、運動のもとをつくります
楽しく、興味を持ってもらう運動遊びを行い、カラダを動かします
学校体育も行い、学校生活が楽しく、自信があふれるようにしていきます
集団運動により、コミュニケーション能力や社会性を高めます

学習
運動をして脳機能が向上した状態(集中力が高まり、心が落ち着いた)で行います
見る力トレーニング 
聞く力トレーニング
宿題
基礎的学習(国語、算数) ※ 最初に宿題を行います。

理学療法士が3名在籍しています

運動が苦手な子や手先が不器用な子には原因があります
柔軟性の低下や四肢・体幹筋の弱さ
原始反射の残存(生まれながら持っている運動反応で、脳の成熟により消失)
 眼球運動機能の低下
ワーキングメモリ(作業記憶)の弱さ
目と手の協応運動が困難 など

専門家による運動療法(療育)
専門的な視点により原因を把握します
コーディネーション運動、バランス運動などの運動療法を行います
支持力やジャンプ力、空間認知力などの運動機能を改善しカラダを動かしやすくします
運動による脳内のネットワーク構築などの脳機能の改善を目指します

不器用さのある子どもの活動は消極的になります
原因を正しく把握し、改善していくことで、積極的で自信にあふれた生活がおくれるようになります

認知機能や情緒機能にも強い関係があるため、「遊び」の要素を取り入れた「楽しい」と思って取り組めるような運動になるように心がけています。

なぜ子どもに運動が必要か?

縄跳びするこども
遊びによる成長と発達
子どもはからだを動かして遊ぶことを好み、よりおもしろく、よりスリリングなことにチャレンジしながら遊んだり、仲間同志で群れて遊んだりするなかで、自分のからだをコントロールする能力や感情のコントロール、コミュニケーションや認知能などを身につけてきました。

特に、幼児期の外遊びや体を動かす運動が、タイミングよく動いたり、力の加減をコントロールしたりするなどの運動を調整する能力を高め、普段の生活で必要な動きやとっさの時に身を守る動き、将来的にスポーツに結び付く動きなど基本的な動きを身に付けてくれます。
転ぶこども
運動が苦手な子どもが増えた
生活環境の変化により、外遊びや運動の機会が減り、「体の動かし方がわからない」子どもが増えています。
体の操作が未熟だと、怪我の危険が増えたり、自発的な動きが少なくなったりします。転んで頭や手の大きな怪我が増えていると報告されています。
また、体育の授業や運動会でイヤな思いや楽しくない思いをしている子どもも増えているようです。

この体の動かし方がわからないことは、走る、跳ぶ、投げる、蹴るなどの基本的な動き(大きな動き)が苦手だけではなく、指先を動かす(小さな運動)も苦手となります。
学習するこども
学習への影響
学習の基本である「読む」「計算」「書く」にも運動は大きくかかわっています

「読む」や「計算」には、眼球の運動が影響します。
眼球の動きが悪い子も多くいます。眼球の動きがコントロールできないと、行を読み飛ばすことや列がずれることに影響を与えます。

「書く」には、姿勢のコントロールや指先の協調運動が影響します
体が硬い、体幹の筋力が弱い子が多く見うけられます。これはイスに座るときにカラダを安定させることができず、集中力を欠き、手先を動きにくくさせます。

手足の運動で言葉に刺激
脳にある言語の中枢は多くの方が左脳にあり、言葉を聞いて理解する感覚性言語と言葉を発する運動性言語があります。手足の運動と脳の関係は、左右逆で、右の手足をしっかり動かすと左脳が活性化します。手足の機能を高めることが、脳の機能を高めていく刺激になると考えられています。
バランス運動
どんな運動をするの?
クマ歩きやウルトラマンのポーズで手足や体幹の支持力を高めます
かえるジャンプやリズムジャンプでジャンプ力を高めます
ぶら下がり運動やクマさんじゃんけんで空間認識力を高めます

お友達が行っているのを見ることでガマンする力(抑制)も学習してもらいます

ラダーやミニハードルを使った有酸素運動も楽しみながら行い、前頭前野の活動を高めます

学校生活が楽しく自信が持てるように学校体育も行います
□ マット運動
□ なわとび
□ とび箱
□ てつぼう
キックベースやドッチボールなども少しずつルールを覚えてもらいながらおこないます。
こどもたち
遊びや運動の場

集団で遊び、運動をすることで、協調性やコミュニケーション能力を育てます。
感情をコントロールし、友達と上手に遊べるような指導を行います。また、認知的能力の発達にも効果があります。
脳の発達を支え、創造力豊かになるような指導も行います。

このような考えのもと、運動療育センターすきっぷでは、運動を中心とした集団での療育を行っていきます。

すきっぷ施設概要

運動療育センターすきっぷ 香椎浜教室
住所 〒813-0016
福岡市東区香椎浜2丁目4番12号  
管理者 田中 大地
営業時間 授業終了後:15時~18時
学校休業日:10時〜16時
定休日 12/30~1/3
電話番号 092-985-6192

運動療育センターすきっぷ 下原教室
住所 〒813-0002
福岡市東区下原4丁目19番31号
 リヴァージュ香椎東101号室
管理者 木村淳志
営業時間 授業終了後:15時~18時
学校休業日:10時〜16時
定休日 12/30~1/3
電話番号 092-692-4846

すきっぷの案内



お知らせ

2018/04/01 自己評価結果を公表します
2018/03/27 3月30日より香椎浜教室の内覧を開始します
 

運動療育センターすきっぷ


【 教室紹介 】
下原教室
(平成29年3月開設) TEL:092-692-4846

香椎浜教室
(平成30年4月開設) TEL:092-985-6192

【 教室紹介 】
古賀教室
(平成31年4月開設) TEL:092-981-1355


【 営業時間 】
授業終了後:15時~18時  
学校休業日:10時~16時
 
【 定休日 】
12/30~1/3
施設概要

モバイルサイト

運動療育センターすきっぷスマホサイトQRコード

運動療育センターすきっぷモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!